社会福祉法人 朝日園

  • 資料請求・お問い合わせ

  • 各種印刷物に関するご相談・お問い合わせ

朝日園とは

朝日園とは

朝日園 理事長 あいさつ

障がいのある人が普通に暮らせる社会づくりに貢献

当法人は1975年8月、香川県木田郡三木町にて設立以来、障がい者福祉 一筋に歩んでおります。以来、創始者初代理事長白井要平氏の「障がい者も働いて世の役に立つ」との志を継承し、障がい者の就労支援と生活支援の事業をしています。

社会福祉法人朝日園は、これからも、「障害の有無にかかわらず、誰もが安心して地域で生活し、働ける共生社会」に向けて、社会福祉法人の役割と使命を果たすべく鋭意努力いたします。一般就労を希望しながらその機会が得られない人、重い障害がありながらも働く喜びや誇りをもった暮らしをしたい人のため、人としての権利と尊厳を応援します。障がい者にご満足いただける自立支援は勿論のこと、障がい者支援に必要な事業を整備し、地域福祉の増進に貢献して参ります。

社会福祉法人朝日園 理事長 高橋英雄

朝日園の理念

〜福祉サービス 質の向上〜

福祉サービスの理想像を求めて常に前進する

〜人権尊重、障害者の自立と社会参加を支援〜

一人ひとりの人格を大切に生きる喜び・働く喜びを知る
社会に開かれた活気に満ちた環境を創る

〜報恩感謝〜

常に深い感謝の心をもって自ら行動する

朝日園の沿革(あゆみ)

1975年(昭和50年)8月9日
社会福祉法人朝日園として厚生省より認可
法人本部
香川県木田郡三木町池戸931番地6に創設
理事長 白井要平
(現在)
香川県高松市前田東町585番地5

理事長 高橋英雄

1976年(昭和51年)4月1日
重度身体障害者授産施設「朝日園」開設
  • 定員:50名
1977年(昭和52年)10月1日
重度身体障害者授産施設「朝日園」体育施設新設
1979年(昭和54年)9月21日
身体障害者通所授産施設「朝日園」併設
  • 定員:30名
1983年(昭和58年)2月1日
身体障害者通所ホーム「朝日ヶ丘」開設
  • 定員:10名
1990年(平成2年)4月1日
身体障害者療護施設「瀬戸療護園」開設
  • 定員:50名
  • ショートステイ:2名
1994年(平成6年)4月 社会福祉法人瀬戸福祉会に設置運営を移管
1993年(平成5年)4月1日
身体障害者通所授産施設「朝日平成園」開設
  • 定員:20名
1994年(平成6年)4月1日
高松市身体障害者デイサービスセンターあさひ開設
  • 利用定員:20名
1996年(平成8年)2月1日
身体障害者通所ホーム「朝日ヶ丘」から
身体障害者福祉ホーム「朝日ヶ丘」に転換
1997年(平成9年)1月1日
障害者通所作業所「すずらん」開設
  • 定員:20名
1997年(平成9年)4月1日
身体障害者通所授産施設「朝日平成園」
  • 定員:30名(10名増員)
1998年(平成10年)8月1日
身体障害者通所授産施設「朝日エイト」開設
  • 定員:20名
2001年(平成13年)4月1日
身体障害者福祉ホーム「朝日つばさ」開設
  • 定員:12名
2002年(平成14年)3月1日
障害者ホームヘルプあさひ開設
2003年(平成15年)4月1日
重度身体障害者授産施設「朝日園」を
身体障害者授産施設「朝日園」に名称を変更
  • ショートスティ事業開始(朝日園)
2003年(平成15年)10月1日
障害者生活支援センター「あい」開始
2004年(平成16年)4月1日
障害者通所作業所「すずらん」から
身体障害者療護施設(通所)「すずらん」に転換
  • 定員:10名
2007年(平成19年)4月1日
高松市身体障害者デイサービスセンターあさひを
地域活動支援センターあさひに事業変更
身体障害者授産施設「朝日園」定員40名(10名減員)
2009年(平成21年)4月1日
朝日平成園を障害福祉サービス事業所(多機能型)に移行
  • 就労継続B型:30名
  • 生活介護:10名
2010年(平成22年)4月1日
朝日園・朝日エイトを統合し障害者支援施設朝日園(多機能型)に移行
  • 就労継続A型:10名
  • 就労継続B型:30名
  • 生活介護:40名
  • 入所支援:40名
2012年(平成24年)4月1日
すずらんを障害福祉サービス事業所に移行
  • 生活介護:20名
2015年(平成27年)7月1日
生計困難者に対する相談支援事業を開始
2016年(平成28年)4月1日
障害福祉サービス事業所「朝日平成園」定員40名
  • 就労継続B型:25名
  • 生活介護:15名

朝日園の所在地

朝日園の所在地

Page Top